双極性障害は薬物療法を用いてコントロールする

  • 一般的な薬

    双極性障害の薬として一般的なのがリチウムです。リチウムは天然のミネラル成分で、多くの実績があります。ラモトリギンと呼ばれる製品は、うつ状態に効果があり再発予防に優れています。バルプロ酸は躁状態に効果があります。

  • 否定形向精神薬

    気分安定薬と非定型抗精神病薬を一緒に併せることにより、双極性障害を改善しやすくなります。薬によっては血糖値を図りながら使用していくことが必要です。また、向精神薬を一緒に利用することもあります。

  • 病気を認識する

    双極性障害を改善するためには、まずは病気であるという認識を持つことが大切です。軽く考えがちですが事実をしっかりと受け止めて治療を行う必要があります。また薬の管理等家族の支えもとても大切です。

双極性障害の再発防止

治療に使用されている主な気分安定剤

双極性障害という病気があります。双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返していく病気で、ひと通り繰り返した後は精神的な症状は全くなくなっていきます。多くの場合、1回のみということはなく、再発の可能性が高い病気です。予防療法を行わずに放っておいた場合、再発までの期間が短くなったり躁状態やうつ状態の具合が酷くなったりする事があります。早めに治療を行うことにより、症状の改善や再発予防に繋がります。

薬の効果と投与に対する理解

双極性障害は、放置しておくと再発を繰り返しやすい病気です。再発予防には、薬物療法が行うことが効果的とされています。双極性障害では、気分安定薬と呼ばれる薬が重に使用されます。他にも非定型抗精神病薬が使用されることもあり、その人の症状によって使い分けて行きます。躁状態では怒りっぽくなり、人に攻撃を行うことも有ります。また、誇大妄想や気分が高まり大人しくしていられないということからトラブルを起こすこともあります。うつ状態では、悲観的になり気持ちが沈んでしまい、食欲不振や眠れないというような症状があります。人それぞれ症状は異なるので、症状に合わせて使い分けていきます。

双極性障害では、再発を防ぐことが大きな目的となります。また、躁状態を早期にコントロールして、社会生活をおくるようにすることや、うつ状態での自殺や自己破壊を予防するという目的もあります。いずれも、健全に社会生活を送っていくための目的で、どのように病気と付き合っていくのかということを考える必要があります。双極性障害は、躁状態とうつ状態を繰り返していくことが特徴です。躁状態になって行った言動を、うつ状態で悲観することにより自殺を行う人も多いです。薬等で少しでも気分の波を小さくし、大きなトラブルの回避や自分を悲観することをなくすようにしていきます。

双極性障害の薬物療法には、気分安定剤が有効とされている。これらは躁病に対する効果と、将来の症状再燃に対する予防効果の2つを持ったものをいい、リチウム、カルバマゼピン、パルブロ酸の3つが現在利用可能である。これらは即時的な効果はないので、急性の躁病の場合にはハロペリドールなどの抗精神薬の併用による鎮静がなされることが多い。また、躁病がいったん寛解したとしても、その後の症状再燃を防ぐために気分安定剤の年余にわたる維持投与が必要となる。さらに、双極性障害のうつ病症状に対する治療期には、なるべく抗うつ剤の投与は控えて気分安定剤で対処するのが原則である。それはこれらの薬を投与すると病相が頻繁化する恐れがあるからである。

それでは双極性障害治療で使用されている3つの薬について概観してみたい。リチウムは、単独で使用する場合、急性躁病に対する有効率は60%くらいであり、残りは抗精神薬の併用や、そのほかの気分安定剤の組み合わせが必要となる。また、カルバマゼピンやバルプロ酸についても急性躁病に対する効果や予防効果はリチウムと同様である。この3つの気分安定薬にどのようなクライエントが反応するかの予測は難しいとされている。しかし、あまり定型的でない症状を示すクライエントには、リチウムよりも他の気分安定剤の方が有効であるという意見もある。さらに薬物の吸収や排泄には個人差が大きいことから、定期的に血中濃度を監視し、個別に適切な濃度を保つことが必要であることも双極性障害を治療していく上で理解しておきたい点である。