双極性障害は薬物療法を用いてコントロールする

否定形向精神薬

双極性障害と診断されるまで。

双極性障害の治療として、気分安定薬以外にも抗精神病薬を使用することもあります。オランザピンとアリピプラゾールは躁うつ病を正式な効用とする抗精神病薬で、今までにない新しいタイプです。これらの安定剤は、感情の高ぶりを抑える働きがあり、気分を落ち着けていきます。オランザピンは、躁状態とうつ状態療法に作用していきます。また、双極性障害の再発防止にも強い効果を発揮します。アリピプラゾールは、躁状態に適応可能で、広範囲な薬理作用を持っています。ふるえなどの副作用が少ないことも特徴で、多くの治療に用いられています。また、血糖値等を定期的に計りながら服用していく必要があり、不眠の副作用が出た場合は、医者に相談することが大切です。

今までのものと薬の種類が変わってから。

双極性障害で、躁状態になった場合は、気分安定薬と否定形向精神薬を併せて服用することで、大きな効果が得られます。ロペリドール、スルトプリド、レボメプロマジン、クロルプロマジンは躁うつ病の治療での適応が認められています。筋肉が動きにくくなるという副作用が発生することもありますが、副作用を止める薬を併用することにより改善することができます。また、否定形向精神薬を使用することにより眠気が発生することもあります。眠気は躁状態の症状をしずめるために、必要な作用の一つでもあります。生活習慣や症状により、使い分けていくことが大切です。

双極性障害では、抗うつ薬を一緒に利用する場合があります。SSRIや、SNRIという薬が抗うつ薬で有名です。注意深く使用しないと躁転する可能性があるので、あまり抗うつ薬を使用することはありませんが、ひどいうつ状態の時などに使われることがあります。双極性障害の場合、治療も時間をかけて行う必要があります。医者と症状を相談の上、ゆっくりと治療を行うことが大切です。

うつ病と診断された人が双極性障害と診断し直されることもあるかと思います。私もそうでした。 当初、うつ病の薬を処方され飲んでいたのですが、2年ほど治療し続けても、良くなったり、悪くなったりを繰り返していました。おかしいな、薬は毎日飲んでいるのに。なかなか効果がみられないな。そう思うこともありましたが、特に知識のなかった私はそのまま飲み続けていました。 しばらくして、病院を転院することになり、それまでの薬と治療歴、経過を転院先の医師に伝えると、今までのうつ病という診断から、双極性障害へと病名が変わることになりました。似ていて非なるものである、うつ病と双極性障害。ゆえに、飲むべき薬もそれぞれにあったものとなります。 私も、うつ状態を治療する薬を長らく飲んでいましたが、双極性障害に適した、気分安定薬へと変更となりました。

双極性障害はうつ状態、躁状態を繰り返す病気で、私自身は躁状態が軽かったため、調子が良いと感じてしまい見過ごしてしまったようです。 気分安定薬に変わってから、何種類もの薬を試しました。 種類によっては副作用があるものや、離脱作用で苦しむものもあり、なかなか自分にあったものをみつけるのに苦労しました。いくつかの薬をあわせて飲んだり、漢方を試したり。気づけば、初めて医者の診察をうけてから、早7年もの月日が経っていました。 双極性障害は一度罹患してしまうと、完治はないと言われています。完解をめざすのが最善の道となります。症状が安定しても薬を飲みながら、良い状態を維持させる。そうすることで、生活の質もあがります。治療と病気とうまくつきあいながら生活していくのが、双極性障害を完解させる近道なのだと思います。