双極性障害は薬物療法を用いてコントロールする

一般的な薬

どんな薬が使用されるか

双極性障害で、一番薬として使用されているものはリチウムです。リチウムは、ミネラル分でミネラルウォーター等にも含まれている成分です。躁状態、うつ状態どちらにも効果があり、再発防止予防としても優れています。昔から双極性障害の治療に使用されている薬の一つで、患者の死亡率低下にも効果があると知られています。細胞内の情報伝達系に働きかけることにより、効果を発揮しています。リチウムは、血中濃度が高くなると中毒を起こす可能性があるので、定期的に血液検査をして血中濃度を計ることが必要です。

治療は専門医の指示に従うことが肝心

双極性障害の再発防止に有効な薬に、ラモトリギンがあります。躁状態の予防効果よりもうつ状態に対する効果が強いことが特徴です。既にうつ状態になっている場合にも、改善作用があります。当初は、抗てんかん薬として開発され、その後躁うつ病の治療薬として知られるようになりました。急性の症状には効果が薄いので、予防用として利用していきます。発疹が現れることもあるので、医師と相談の上ゆっくりと少しずつ増量していく必要があります。他の薬の飲み合わせも重要なことがあるので、飲用の際は医師や薬剤師と相談を行うことが大切です。また、バルプロ酸という薬は躁状態へ効果があります。再発予防作用の可能性もあると言われており、気分安定薬の中でも副作用が少なく飲みやすいことが特徴です。バルプロ酸も抗てんかん薬として用いられてきたものですが、躁うつ病の適応を取得してからは双極性障害の薬として使用させることも増えてきました。

双極性障害は、気分が異常に高まって躁状態になる、反対に落ち込んでうつ状態になるという症状を繰り返す脳の疾患です。 難しい病気ですが、専門医の診断を受けて、きちんと治療をすることで症状が改善出来ます。 治療法には、薬を服用する薬物療法と、思考や行動の仕方を考える精神療法があります。 薬物療法で使用する薬は、症状に応じて処方されます。まず治療の中心として使われるのは、気分の波を小さくする作用のある、気分安定剤です。 これは再発防止にも効果があると言われています。しかし、症状が重症化してきた場合には、向精神薬の使用が追加されることもあります。他に、睡眠障害があって眠れない場合は、睡眠薬が処方される場合もあります。

躁とうつを繰り返す双極性障害の症状ですが、基本的に抗うつ剤の使用は行いません。何故かというと、抗うつ剤の作用によって躁の症状が促進されることがあるためです。ただ、重症のうつ症状があるなどの場合には気分安定剤と併用することもあります。 このように双極性障害に使用される薬には種類があり、症状によって使用法も違ってきます。本人の症状に合わせたものを、適切な量で使用することが必要です。 そこで、双極性障害の治療には専門医の指示に従って適切に薬を服用することが何よりも肝心です。また、双極性障害は再発しやすい病気であるともいわれています。症状が安定したからと、自己判断で薬の量を変えたり、中止したりといったことは決して行ってはいけません。