双極性障害は薬物療法を用いてコントロールする

病気を認識する

双極性障害は、ほとんどの場合再発します。再発防止のための薬を飲んでいる場合は、その限りではありませんが、多くの人が症状を軽く考えがちです。気分が少し高ぶっただけで問題ないという人や、2度と再発しないだろうと考えている人も多いのですが、事実として受け止める必要があります。双極性障害を受け入れることが、治療の一歩につながります。糖尿病や高血圧等と同じような病気の一つと受け入れて、薬を継続して飲んでいくことが大切です。病気を受け入れた上で、自分がどのようなときに躁転しやすく、うつ状態に入りやすいのか知ることが大切です。パターンを知ることができれば、多くの場合改善することが可能です。

双極性障害を患った場合、家族の支えはとても大切です。多くの家族は躁状態を重く考え、うつ状態を軽く考えてしまうことがあります。本人は、躁状態のことは重く捉えておらず、うつ状態を強く訴えます。家族と本人との間に意見が食い違うことが多くあり、それがさらに家族や本人にとってストレスになるということもあります。なるべく医者と連携を取り、双極性障害がどのような病気であるのか、現在どのような状態であるのかを話しあうことはとても大切です。医者と本人と家族が認識をすり合わせることにより、病気の改善が行われます。また、薬の管理も、本人の意識と周りの意識がとても大切です。薬を継続することにより、病気の再発防止ができます。薬の飲み忘れ等ないように全員でサポートしていくことが必要です。